お勧めのカードローン

カードローンは限度枠内で何度でも借りられるというメリットがあるかわりに、なかなか完済できない、金利も同じ銀行内ではフリーローンより高いというデメリットがあります。一方、フリーローンは追加融資ができず、追加融資する場合には再び審査が必要というデメリットがありますが、完済しやすく、金利も同じ銀行内ではカードローンより低いというメリットがあります。

では、2つのうちどちらをとるか、それは借入れの自由度もしくは完済のし易さで考えると良いでしょう。カードローンは、借り入れや返済に関しては、キャッシュカードでいつでも出来る、という手軽さがあり、大変便利なものです。さらに、銀行系カードローンだと、年収の3分の1以上しか借り入れできないという総量規制がかからなくなります。ですから、年収の3分の1以上の借り入れが必要であれば、銀行系カードローンがお勧めといえます。計画性を持って借りる自信のある方には、借り入れの自由なカードローンをお勧めします。

お金を借りるときは、金利が高い、低いを考えることも重要ですが、借りる額をはじめ、どのように使って、どのように返していくかという計画性も大切です。金融機関を見つける前に一息ついて、このふたつの観点からお金の借り方や返済計画について、よく考えてみるとよいでしょう。

外部リンク……NOLOAN
インターネットから手軽にキャッシングができるカードローンサービスです。

ふたつのローンの違い

不動産や自動車といった高額な買い物をしようとしたとき、多くの方がローンを組むという選択をとるかと思います。ローン商品には、資金使途が自由なカードローンと、フリーローンというローン商品が存在します。カードローンとフリーローンの違いについて整理していきます。

カードローンもフリーローンも個人向けローンであることは変わりありませんが、2つの違いとして前者は銀行、消費者金融、クレジット会社が取り扱っているのに対し、後者はおもに銀行で取り扱っています。2つとも使用目的は自由です。これらはほかのローン同様、融資してもらうためには審査が必要です。明確な審査基準は公表されていませんが、返済能力や信用力は必ず見られます。カードローンは、サービスを受けるために専用のカードを作る必要があります。

一方、フリーローンは事業を始めたり、投資を行ったりする目的で借りることはできません。また、申し込み時に使用目的の申告が必要になることがあります。フリーローンの場合、金融機関によっては、申込時または融資実行後に使い道を証明する書類が必要なことがあります。また、契約には時間がかかり、融資まで一週間以上かかることが一般的であると言われています。

カードローンの違い

資金使途が自由なカードローンとフリーローンが存在し、どちらを利用するかはしっかり考えないといけない事です。どちらも個人向けローンであるのは間違いないものの、フリーローンは後者で取り扱っています。フリーローンはどういった目的で利用するのかを申告する義務があるものの、カードローンの場合はその限りではありません。利便性という点で考えると、カードローンの方が優れているのは明白です。とは言っても、フリーローンにメリットがない訳ではありません。金利に大きな違いがあって、金利を抑える事を考えるのならフリーローンの方が良いでしょう。覚えておくべきは、それぞれにメリットがある事で、メリットを理解した上での選択をすべきという事です。

また、どのように返済していくのかを考えた上での対応もしていくようにすべきです。カードローンにしても、フリーローンにしても当然返済をしていかないといけません。まずは返済ありきで考えるようにすれば、いざ返済する時に困る事はなくなります。当然どちらを選択するかに正解はなく、人それぞれの事情を考えての選択をしていかないといけません。

当サイトではカードローンやフリーローンについての解説をします。どちらを利用するのが正解であるのかは、しっかり考慮しないといけません。どちらでも同じと考えるのは大きな間違いであって、違いを理解した上での選択をすべきであって、選択が非常に重要になるのは間違いありません。